OECC会報

OECC会報第76号/2015年12月 SDGs~世界共通の開発アジェンダ

目次(敬称略)

「巻頭言」 MDGs からSDGsへ、引き継がれた目標、新たな目標 (公財)地球環境戦略研究機関
所長/森秀行
研究員/宮澤郁穂
「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」及び「持続可能な開発目標」(SDGs)の実施に向けた環境省の取組の方向性 環境省地球環境局国際連携課
課長補佐/辻景太郎
環境資源制約下におけるSDGs のあり方と持続可能性 九州大学 都市研究センター 研究員
/玉置哲也・中村寛樹
同 センター長・主幹教授
/馬奈木俊介
持続可能な開発とレジリエンスの構築を目指す水分野のアプローチ 東京大学大学院工学系研究科 教授
/小池俊雄
自治体ネットワークのSDGsへの取組 持続可能性をめざす自治体協議会(ICLEI) 事務局長/大塚隆志
消費・生産行動をどのようなメカニズムで変革していくか~食料廃棄・損失削減の取り組み事例から (一財)CSO ネットワーク 事務局長・理事/黒田かをり
OECC 行事・部会活動等(その68)

一覧へ戻る

OECCからのメッセージ

OECC事業案内

OECC会報 電子ブック

会員交流ひろば

Powered by OECC

  • 新メカニズム情報プラットフォーム
  • 京都メカニズム情報プラットホーム
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第3版)。
国内における適切な緩和行動(NAMAs)策定に関する事例を紹介しています。
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第2版)。
NAMAガイドブック
OECCが環境省委託事業で作成した、途上国政府関係者向けのガイドブック(初版)。
エコアクション21
環境活動レポート
熱中症予防 声かけプロジェクト
OECCは熱中症予防 声かけ
プロジェクトの賛同会員です
経済センサス‐活動調査キャンペーン