OECC会報

OECC会報第77号/2016年4月 COP21後の温暖化対策

目次(敬称略)

「巻頭言」 日本政府の今後の取組 環境省 地球環境局長/梶原成元
パリ協定とは何か (公財)地球環境戦略研究機関
気候変動とエネルギー領域
エリアリーダー/小圷一久
適応をどうするか ― 政策研究の方向性 ― 法政大学 人間環境学部 教授
/藤倉 良
“日本一暑いまち”熊谷市におけるスマート建築の事例 (株)ミサワホーム総合研究所 環境エネルギーセンター長 環境創造研究室長 蒸暑地研究プロジェクトリーダー
/太田 勇
再生可能エネルギーの現状 (株)システム技術研究所 所長
/槌屋治紀
加速する地方自治体の取組み (一社)イクレイ日本 事務局長
/大塚隆志
ベトナムの温暖化対策の現状と日本への期待
~ベトナムにおけるJCM の取組み事例から~
(一社)海外環境協力センター
主任研究員/古宮祐子
OECC 行事・部会活動等(その69)

一覧へ戻る

OECCからのメッセージ

OECC事業案内

OECC会報 電子ブック

会員交流ひろば

Powered by OECC

  • 新メカニズム情報プラットフォーム
  • 京都メカニズム情報プラットホーム
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第3版)。
国内における適切な緩和行動(NAMAs)策定に関する事例を紹介しています。
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第2版)。
NAMAガイドブック
OECCが環境省委託事業で作成した、途上国政府関係者向けのガイドブック(初版)。
エコアクション21
環境活動レポート
熱中症予防 声かけプロジェクト
OECCは熱中症予防 声かけ
プロジェクトの賛同会員です
経済センサス‐活動調査キャンペーン