セミナー・研修会

1.OECCセミナー
海外環境協力や地球環境問題について広くご理解いただくことを目的に開催しています。
2.OECC研修会
主にOECC会員を対象に、海外環境協力に関する専門性を深めることを目的に開催しています。

平成25年度の活動

第3回OECC/廃コン協合同セミナー 2014年1月27日(月)13:30-16:40詳細はこちら

対象 一般
テーマ 廃棄物分野の国際展開
概要 急激な経済成長、都市化、工業化によるゴミ排出量の増大、管理制度や処理技術の未整備等、発展途上国は廃棄物問題に直面しています。
日本は、様々なODAの支援スキームを用いながら、発展途上国の廃棄物管理向上に向けて支援を続けてきました。また最近は、環境省が、廃棄物処理技術をはじめとする循環産業を海外に展開させる民間ビジネスの支援を開始しています。
この度、環境省、JICAが取り組む環境循環型社会を発展途上国に普及させるための方針をはじめ、事例研究として、島嶼国、中国、バングラデシュでの個別案件をとりあげ、アジア太平洋地域諸国における廃棄物分野の国際展開の現状を考えるセミナーを開催いたします。
資料

第2回OECC研修会 2013年11月29日(金)15:30-17:30

対象 会員
テーマ 「CMの政策動向及びCOP19(ポーランド・ワルシャワ)報告会
概要 2013年11月11日~22日、国連気候変動枠組条約第19回締約国会議(COP19)がポーランド・ワルシャワで開催され、新しいルール作りや、開発途上国における緩和行動、技術移転等の具体的な温暖化対策について議論する予定です。
日本政府は、気候変動緩和策を推進する新たなアプローチとして、開発途上国及び先進国の二国間合意に基づいて気候変動緩和策を実施する二国間オフセットクレジット制度(Joint Crediting Mechanism)を提唱し、積極的に展開しています。
温暖化政策に係る国際協力事業を推進してきた海外環境協力センターは、COP19においても、日本の取組に係る情報発信や国際的議論の動向に係る情報収集のほか、環境省・JICA・ベトナム政府等との共催の下、サイドイベントを開催する予定です。
今回は、OECC担当職員による定例報告会に加え、環境省担当官をお迎えし、JCMの最新動向についてもご紹介いただく予定です。皆様のご参加をお待ちしております。
資料

第1回OECC研修会 2013年5月21日(火)10:00-12:30

対象 会員限定
テーマ 「平成25年度国際環境協力 予算説明会」
概要 平成25年度の国際環境協力に係る予算について、外務省、環境省、JICAから地球環境部の担当官をお呼びして説明をしてもらう機会を設けました。
質問、あるいは説明に際して具体的な要望等があれば、事前に講師に連絡いたします。
皆様の参加をお待ち申し上げております。
資料 PDF開催案内文

OECCからのメッセージ

OECC事業案内

OECC会報 電子ブック

会員交流ひろば

Powered by OECC

  • 新メカニズム情報プラットフォーム
  • 京都メカニズム情報プラットホーム
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第3版)。
国内における適切な緩和行動(NAMAs)策定に関する事例を紹介しています。
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第2版)。
NAMAガイドブック
OECCが環境省委託事業で作成した、途上国政府関係者向けのガイドブック(初版)。
エコアクション21
環境活動レポート
熱中症予防 声かけプロジェクト
OECCは熱中症予防 声かけ
プロジェクトの賛同会員です
経済センサス‐活動調査キャンペーン